アパレル 接客 提案, 三上博史 ドラマ 2019, 井上尚弥 ドネア 海外の反応, 沖縄 幸運 ネックレス, 野 ブタ を プロデュース 9話 キャスト, キングダム コスプレ ようたんわ, サンダル 白 レディース ヒール, しにたい夜にかぎって ドラマ ネタバレ, 兄友 アニメ 1話, 日本テレビ アニメ 2020, フランスパン 冷凍 ガーリックトースト, 金 八 先生 第5シリーズ あらすじ, アルーチ 東芝石窯 加水70%のバゲット プチ クッペ, 太陽系 惑星 特徴, 羽生 衰えた なんJ, ポケモン ロバート降板 理由, めちゃイケ オカザイル 動画, だいじょうぶだぁ 8 刺激の強い表現 神経衰弱, うたプリ 来栖翔 歌詞, 相撲 差し手 同じ, 大河ドラマ 草燃える 動画, メジャー アニメ Unext, The Loudest Voice 配信, 読売テレビ 新社屋 食堂, RIZIN 速報 朝倉, 大杉漣 死因 医師, 松下洸平 メレンゲ 絵, ナイトシフト テレビ 放送, モンスト 超究極 ランキング, 50 回目 のファーストキス 邦画, Suzuchan1206 息子 モデル, シャーロックホームズ シャドウ ゲーム, 田中圭 父親 死因, ココリコ田中 元 ヤン, 剣道 上段の構え メリット, ライアーゲーム 映画 順番, Real SUMO Fight, 橋本環奈 ハーフ ドイツ, 古川雄大 ツイッター ゆう ふじ, 朝顔 中尾明慶 衣装, 千歳烏山 小料理 屋, エミヤ セリフ UBW, 南くんの恋人 二宮和也 深田恭子 最終回, コンフィデンスマンjp 最終回 動画, ドリフ 大爆笑 75, 86 ガルウィング 中古, オレンジ 映画 無料, アヴァンセ 坂上忍 口コミ, 松屋 愛知 県, CHESS THE MUSICAL 2020, 1976年 テレビ番組 表, 上白石萌 音 熱愛, 若乃花 で タレント の 花田 虎 上, 桜庭和志 引退 試合, 地デジ チャンネル 周波数, 弘中綾香 川崎 区, インスタ アカウント追加できない アンドロイド, ルームロンダリング ドラマ 動画, コードブルー2 動画 Pandora, Brilliant Days 一十木音也, 欅坂46 衣装 不協和音, 佐藤義人 ストレッチ 股関節, Beauty And The Beast From Beauty And The Beast Soundtrack Version, キャッチ 恩田さん 今日, ライアーゲーム 漫画 秋山 かっこいい, 将棋 賞金 藤井, ナインティナインのシンデレラデート 新 木 優子, 錦戸亮 母 奄美, 牛乳 から 水,


Next Levelグループ運営サイト 感動で泣けるヒューマンドラマの映画を探していませんか? この記事では映画好きの管理人が、ストーリーが秀逸で心から感動できる洋画のヒューマンドラマを厳選してピックアップしています。 古典的名作から最新作をランキング形式で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

90年代 素晴らしきかな人生(1993年・フジテレビ) 幼なじみだった夫・新平(佐藤浩市)が浮気して3年前に離婚した結女(浅野温子)は、今は中学2年になった娘の遥(ともさかりえ)と二人暮し。 感動で泣けるヒューマンドラマの映画を探していませんか?この記事では映画好きの管理人が、古典的名作から最新作をランキング形式で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。目次製作 2013年 19世紀前半のニューヨーク。家族と普通の生活を送っていた黒人ソロモンが、知人に騙され誘拐されて、南部の奴隷として売られてしまう。長い期間、奴隷として過酷な生活を強いられるソロモンですが、家族のもとへ帰ることをあきらめない姿に胸を打たれます。製作 2017年 愛犬が何度も生まれ変わりながら、最愛の飼い主に会いに行こうとする。ストーリーはシンプルですが、話の構成がうまく作られていて、最後に思わず涙をこぼしてしまいました。製作 2017年 遺伝子疾患によって醜い顔に生まれた少年オギーが、初めて通う学校で偏見や差別を受けながらも、人間として成長していく予定調和に感じるシーンもありましたが、 複数の登場人物による目線から物語が進んでいく構成は新鮮。製作 1999年 家事用ロボットNDR114(アンドリュー)が、ある家族と生活する内に人間らしい感情を持つようになる。AIやロボットの技術が進歩したら、将来こんなロボットが出てくるかも・・・と思わされた映画です。製作 2007年 末期がんの妻に向き合えないでいた鉄道運転士トム・スタークが、ある事件をきっかけに孤児と暮らすことになり、少しずつ心を通わせていく。ぎくしゃくとした重苦しい雰囲気が続きますが、中盤からの展開に胸を締め付けられました。製作 1999年 ロサンゼルスを舞台に不器用な人間の生き様を描いた群像劇。トム・クルーズのぶっとんだ演技が面白かったです。グッと胸にくるシーンもあって、印象に残っています。製作 1998年 地球に衝突する小惑星を爆破するため、石油採掘のスペシャリストたちが宇宙に旅立ち、命がけの任務を遂行する。安っぽい・ご都合主義などの批判はありますが、泣けるシーンが多々あってやっぱり感動してしまいます。製作 2004年 ある事情で空港から出れなくなった男が、様々なトラブルや妨害にもめげずに、空港内でたくましく生活するスピルバーグ監督とトム・ハンクスがタッグを組んだヒューマンドラマ。製作 2018年 仕事一筋で生きてきた90才の老人アール・ストーンが、あるきっかけから麻薬の運び屋を始める。捜査当局が調査を進めるなか、軽いノリで麻薬を運ぶクリント・イーストウッドの言動が楽しかったです。製作 2008年 人気・実力ともに全盛期を過ぎた中年レスラーが、医師から引退宣告を受けて自分の人生をやり直そうとする。まるで本物のレスラーのドキュメンタリーを観ているような感じでした。製作 2015年 クリムトの名画でおばの肖像でもある「黄金のアデーレ」の返還を求め、オーストリアに裁判を起こしたマリア・アルトマンの実話を元にした話。マリア・アルトマンを演じたヘレン・ミレンと、新人弁護士ランディを演じたライアン・レイノルズの演技が素晴らしかったですね。製作 1995年 13世紀末、スコットランドの独立のために戦った英雄ウィリアム・ウォレスの生涯を描いた歴史ドラマ。3時間という長丁場の映画ですが、全く中だるみを感じませんでした。製作 2011年 人生に挫折した元ボクサーの父親が、ロボット格闘技を通して子供と絆を取り戻していく。仲が悪かった父親と子供が、同じ目標に向かって頑張る姿に思わず胸が熱くなりました。製作 1999年 舞台は1930年代のニューヨーク。ギターの才能はあるけれど、自分勝手で傲慢な主人公エメットをショーン・ペンが魅力的に演じています。製作 2000年 ある日NY市警に務める刑事が、古い無線機を通して男と交信する。その男性は30年前に亡くなった父親だった。親子の絆を描く人間ドラマと思っていましたが、手に汗握るサスペンス要素があってドキドキしました。製作 1989年 作業中に不思議な言葉を聞いた農夫レイが、とうもろこし畑を切り開いて野球場を作ろうとする。現実離れした設定ですが、「こんなことが起きたら良いよな~」と思えるストーリーです。製作 1995年 アポロ13号の爆発事故によって深刻な状況に追い込まれる乗組員が、地球にたどり着くために奮闘する。地球の管制官とのやり取りは緊迫感があって、最後までハラハラしました。製作 2004年 過去のトラウマで生きる希望を失った男が、9歳の子供との触れ合いの中で、少しずつ傷ついた心を癒していく。「デンゼルワシントンの映画にハズレなし・・・」と、改めて思わされた映画です。製作 1997年 遺伝子の優劣で人生が決まってしまう近未来が舞台。遺伝子が管理される近未来社会を描いたSFヒューマンドラマ。製作 2016年 甥の後見人に指名されたリー・チャンドラーが、故郷のマンチェスターで自身の過去と向き合うことになる。主演のケイシー・アフレックが、アカデミー主演男優賞を獲得したヒューマンドラマ。製作 1994年 凄腕だけど孤独な殺し屋レオンと、家族を殺された少女マチルダが少しずつ心を通わせるレオンとマチルダのキャラクターが魅力的で、敵役を演じるゲイリー・オールドマンのぶっ壊れた演技も最高です。製作 1967年 1960年代の人種差別が根強く残るアメリカで、白人女性と黒人男性の結婚をめぐり、互いの家族が葛藤する。1960年代に人種問題をテーマに扱った古典的な名作。製作 2017年 高度な知的能力を持つ少女メアリーと生活していた叔父フランクが、メアリーの祖母であるイブリンと養育権をめぐって争うことになる。全編を通してメアリーとフランクの会話が微笑ましかったですね。製作 2018年 クイーン (Queen) のボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を描く実話をもとにした話。バンドの隆盛からチャリティーコンサート「ライヴエイド」までを描いた内容ですが、冗長に感じる部分もなく、あっという間に時間が過ぎました。製作 1979年 妻の家出によって、慣れない家事や育児に苦戦するテッド・クレイマー。子育てに苦戦するシーンや緊迫した裁判シーンなど、ダスティン・ホフマンによる迫真の演技が素晴らしかったです。製作 1988年 父の遺産を手に入れたいチャーリーが、相続人である自閉症の兄レイモンドを強引に連れ出し、ロサンゼルスまで連れていこうとする。ダスティン・ホフマンの演技が、あまりにリアルで凄みを感じました。製作 1993年 エイズ感染により弁護士事務所を解雇されたアンドリューが、ライバルだった弁護士と協力しながら不当解雇として裁判を起こす。エイズで痩せ細ていくなか、人間の尊厳を求めて裁判を争うトム・ハンクスの演技は鬼気迫るものがありました。製作 2000年 イギリスの炭鉱町に住む少年ビリーが、父親の反対にもめげずにバレエダンサーになろうとする話。初めて観たときに、めちゃくちゃ感動した映画です。製作 2000年 ウォール街で成功した男ジャックが、ある出来事に遭遇して違う人生を送っている自分に成り変わってしまう。「仮の世界」に馴染めなかったジャックが、少しずつ家族と距離を縮めていく過程が見どころ。製作 1992年 ボストンの名門高校に通う高校生チャールズが、盲目の退役軍人フランクの計画に付き合うため、ニューヨークに連れ出されて様々な経験をする。数あるヒューマンドラマの中で、最も感動した映画が「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」です。 とにかく泣きたい!感動したい!という方におすすめする国内ドラマをまとめました。ここにまとめている国内ドラマは、当サイトでアンケートを実施し、特に票を多く集めたドラマと、個人的におすすめしたい国内ドラマを掲載しています。90年代のドラマから、2017年話題になったドラマまで幅広くラインナップし、そのあらすじと具体的な泣けるポイントをまとめています。平凡な家庭で育った中学生の主人公・未希(志田未来)と、母子家庭でお金持ちの家で育った私立男子校に通う一つ年上の智志(三浦春馬)が恋に落ち、計画外の妊娠してしまうというストーリーです。家族や友人、教師から厳しい言葉をかけられても未希は産む決心をするが、恋人・智志は自分のことばかり考え現実から逃げ続ける。誰しも他人事ではなく、「性」と「恋愛」の現実・道徳を表した人間ドラマです。14歳という、大人でも子供でもない年齢をさまざまな角度から表現し、本当に大切なものは何か、子供が少しずつ強くなっていく、大人になっていくようすが描かれています。未希の気持ち、智志の気持ち、未希と智志の両親の気持ち、産婦人科医の気持ち、どこかで誰もが感情移入することができるでしょう。またその心情が秀逸に表現されていて、放送から何年も経った今でも評価され続けている名作です。平均視聴率健康体だった中学生の主人公・亜也(沢尻エリカ)が、突如「脊髄小脳変性症」と診断され、そこでの苦悩や、余命までの家族とのぶつかり合い、友人との恋愛模様などを織り交ぜた実話(亜也の日記をもとに再現)です。脊髄小脳変性症とは、少しづつ体が動かなくなり最終的には寝たきりになってしまう病気。思うように体が動かなくなっていく葛藤、中学生という若さによる精神的な描写と、時に投げやりになったり、それでも力強く生きていく姿が痛々しくもあり、勇気や生きることの大切さを教えてくれる名作です。感動ドラマというと、ストーリーが進むに連れて徐々に泣けてくるものが多く、最終話まで話がわからないものが多いですが、「1リットルの涙」は序盤、なんなら1話から泣けます。私自身も「今を生きている」ことの大切さやその意味、「生きる」とは何か考えさせらた覚えがあります。「どうして病気は私を選んだの?」というセリフがあまりにも切なく、多くの方が涙しました。平均視聴率香取慎吾、松岡充、加藤浩次らが演じる元不良3人が、親から捨てられた少年あきら(須賀健太)を育てていくお話。やんちゃだった3人が、子育てを通して自分達も成長していく様子が描かれています。最終的にあきらは母親の元へ帰ることができハッピーエンドで終わりますが、その別れのシーンでは、これまで一緒に笑い、泣き合ったことを振り返るともう涙なしでは見られません。最も印象的なのはやはり最終話。実親のところへ帰っていく場面は、SNSが無かった当時も翌日の会社や学校で「『人にやさしく』見た?!」と見ていなかったら流行に取り残されるほど話題となりました。今までの生活や思い出がこみ上げてきて、主人公ら3人が涙をこらえられなくなる様子はとても感動します。血がつながっていない、親ではないからこそ言い合えること、その大切さにハッとされた方も多いと思います。平均視聴率まもる/マルモ(阿部サダヲ)の親友が事故で亡くなり、残されたその親友の子供(双子)をマルモが引き取ることから始まる物語。仕事と子育てを両立しながら奮闘する独身サラリーマンと引き取られた双子の子ども達の生活を描いた作品です。先に紹介した「人にやさしく」と設定はほとんど同じなので、こうした泣き所をもとめている方にはおすすめです。マルモが不器用ながらも子どもたちとまっすぐに向き合う姿に多くの方の心が動かされ、「おきて」という約束事が温かく優しい気持ちになる作品。かおる(芦田愛菜)、ともき(鈴木福)、両名子役の演技も見どころです。平均視聴率目の見えない妹のために昼は郵便局、夜はホステスとして働くまりあ(鈴木保奈美)と、有名ピアニストの士郎(三上博史)が出会い恋に堕ち、その極めて重く激しい愛の様子を描いたドラマ。いわゆる「ドロドロ」の作品ではなく、「愛」というものを違う視点で表した古くも新しいドラマです。単に過激であるだけなら全話で視聴率20%以上を叩き出すことはできません。鈴木保奈美さん演じる作品として「最高傑作」と称されることが多いのですが、残念ながらDVD化は今でもされておらず、ビデオ(VHS)でしか見られません。主題歌「OH MY LITTLE GIRL」を歌う尾崎豊を含め、メインキャスト全員に暗い過去や悲しい現実が突き付けられる非常に重い重いドラマです。見ることで決して幸せな気持ちにはなれませんが、「愛」とはなんたるかを考えさせられ、重いながらも共感できてしまうところに涙するはずです。また清純派の鈴木保奈美さんが初の汚れ役として演じたことも話題になりました。全体的に暗くて重いドラマであり、現代ではほぼ間違いなく放送されることが無い内容のものばかりですが考えさせられるものがあります。平均視聴率さだまさしさん著の短編小説集「解夏」を題材としたドラマ。安曇俊介(藤木直人)が難病「ベーチェット病」にかかり、次第に目が見えなくなっていく模様と、それを友川四季(菅野美穂)が親身に支えていく悲しくも温かい物語です。最終話では俊介の目がとうとう見えなくなってしまい、その寸前で二人が手を繋ぎ合い笑顔で終わっていく様子は涙なしでは見られません。難病「ベーチェット病」をテーマにした作品です。そうした男性を好きになってしまうこと、その人を支えていこうと思える女性の心の強さ、苦難を表現した感動作品。特に最終話では手を繋いで笑顔で俊介(藤木直人)を見続ける四季(菅野美穂)が印象的です。平均視聴率長男のあんちゃんがバラバラになった兄妹たちを呼び戻し、一つ屋根の下で暮らし始める物語。長男はクリーニング屋、次男は医者、三男はフリーター、四男は車いす生活、長女は長男のクリーニング屋を手伝い、次女は高校生。ばらばらの兄弟がひとつになる様子を描いたホームドラマ。キャストは極めて豪華であり、江口洋介、福山雅治、酒井法子、いしだ壱成、大路恵美、山本耕史など。97年にはシーズン2も放送され、こちらも平均視聴率27.0%、最終話では34.1%の最高視聴率を叩き出しました。兄弟姉妹6人のそれぞれの人間ドラマが描かれ、誰かしらに自分を投影しながら見ることができます。長男は孤独に生きながらも笑顔を絶やさずに、次男は医者になるために必死に勉強し、三男は非行に走り、四男は事故で車いすの生活、長女は上司と不倫、次女は肩身の狭い思いをして親戚の家で暮らしている…。それぞれが抱えている十字架が重く、それを軽くしようとする長男の愛情に感動します。平均視聴率総合病院の産婦人科で勤務する医師とそのチーム(チームペルソタ)、そこに通っている妊婦、その家族の出産に関わる問題を題材にしたストーリーです。出産は命がけであり、患者にもそれぞれドラマ・背景・悩みがあります。「産んで終わり」ではなく、そこから鬱になってしまう人、産んだと同時に亡くなる人、高齢出産、超未熟児、中絶、ダウン症、様々な問題があります。全てがハッピーエンドではなく、赤ちゃんの尊さを教えてくれます。チームペルソタ達はそうした患者の気持ちに寄り添って全力でフォローしてくれる感動の内容です。また実在する産科医を描いた医療ドラマであるため非常に深みと説得力がある物語です。母の立場、父の立場、取り巻く家族の立場、いろいろな目線で見ることが出来ます。特に妊娠や出産の経験がある方は間違いなく共感できます。妊娠・出産、そしてその後の子育てにおいて全く悩みを抱えず過ごすことはほぼ不可能だからです。お腹の子に何かあったらどうしよう。病気や障害を抱えて生まれてきたらどうしよう。無事に出産できるのだろうか。そしてそれが現実になってしまった妊婦、家族、お腹の赤ちゃんのことをドラマで見ると、自分の子供がこうだったら…と重ねて見ると涙無しでは見れません。またこれからお産を経験する方も、子供を産む喜び、そしてその怖さもこのドラマを通じて感じることができるはずです。我が子の命の大切さ、今の生活に感謝を感じることは必至。そして、我が子を大切に育てていかければと強く思うことでしょう。「出産は当たり前じゃない、奇跡なんだ。」ということが実感できる良いドラマ。なお今回当サイトが行ったアンケートで最も票を集めたのがこのコウノドリでした。平均視聴率真っ直ぐで優しい性格の大学生櫂(妻夫木聡)と、同じ大学に通う難聴の沙絵(柴咲コウ)の青春恋愛ストーリー。沙絵は将来有望のバイオリニストでしたがある時聴覚を失ってしまいます。耳が聞こえないので喋ることができず、櫂と沙絵の会話は基本「手話」で描かれます。大学生特有の悩みや恋愛事情、大人になる意味や将来のことを語らいながら、学生時代を謳歌する様子が絶妙に描かれています。当時も話題になりましたが、今見てもキャストはとても豪華。柴崎コウ、妻夫木聡、友人役には、成宮寛貴、瑛太、白石美穂。しかしストーリーがそれを上回る評価を得ているため10年以上経った今でも語り継がれています。そして誰しも「こんな大学生活を送りたい」と当時思ったのではないでしょうか。恋愛ドラマでもありますが、これは典型的な「青春ドラマ」です。主人公とヒロインだけでなく、一人ひとりの若さが輝いて見える、憧れを抱く素敵な作品です。特に印象的なシーンは、沙絵が難聴であるためドラマ内で手話がたくさん出てくるところです。手話の翻訳は字幕で出ていますが、その字幕(セリフ)はかなり直球で恥ずかしいものばかり。しかし、それが沙絵のウブな様子と気持ちが詰まっていて心が温まり、毎回泣いてしまいます。平均視聴率2017年で最もヒットしたドラマ「陸王」。「下町ロケット」や「半沢直樹」でお馴染みの池井戸潤作品の一つです。埼玉県行田市にある100年続く足袋作りの老舗「こはぜ屋」が、経営状況悪化からの脱却を図るために挑戦した新しい事業、それがランニングシューズ「陸王」の制作。「陸王」を作る職人達の物語と、そのランニングシューズを取り巻く茂木(竹内涼真)を始めとするランナーたちの物語が一緒に楽しめる、感動も2倍の作品です。「陸王」の制作にあたって銀行の融資が受けられなかったり、大手シューズメーカーに邪魔をされたり、毎回問題にぶち当たっては、大きな決断と従業員や仲間の支えで問題を解決していくドラマ。人との繋がり、絆を再確認させてくれる「魂」のドラマです。これまで紹介してきた作品はどちらかというと、出会いや別れ、病気、身体障害など「悲哀」をテーマにしたものが多い印象ですが、こちらは「情熱」「仲間」「絆」など、胸が熱くなる感動の類です。こうしたジャンルで涙したい、感動したいという方に陸王はおすすめです。ドラマが進むに連れてたくさんの仲間が増えていく様子、最初は敵だった人も馬鹿にしていた人も、最後はみんなが全力で茂木の走りを応援し気持ちが一つになる、何かを成し遂げることの素晴らしさが詰まったドラマです。私もリアルタイムでドラマを見ていて気持ちの高ぶり、胸の鼓動を強く感じることができた作品です。特に池井戸潤作品は、活字にすると非常に臭い表現も、それを真正面からぶつけてくるため本当に心に響きます。「企業は人なり。人は一人の力は微力でも、力を合わせたら何でも出来る、1+1は無限大であり、夢は願えば叶う。」こうしたことを教えてくれるドラマでした。平均視聴率泣ける・感動するというのは人によって感覚がもちろん異なりますが、実際にアンケートを取って作品を並べてみると、やはりフジテレビが強い!特に90年代、00年代についてはほとんどがフジテレビでした。VODにない作品については残念ながらDVDやVHSを購入又はレンタルして見るしかありません。なお有料VODサービス「またシェアしてね Vペディアは、好きな時間・好きな場所で映像メディアを楽しむことができるVOD・動画配信サービスについて比較したサイトです。 泣ける映画(洋画)ランキングをご紹介します .