ジョーカー 許されざる捜査官 2話, ウエンツ瑛士 英語 動画, ラブ ジェネレーション 再放送 しない, リーボック クラシック レディース, ミギー はいつ だって 正しい, ライアーゲーム 実写 評価, バゲット 日テレ カレー, 百田夏菜子 弟 名前, ストロボエッジ アニメ 無料動画, あなたのことはそれほど 漫画 何巻まで, 松田聖子 Dvd 中古, とんねるず アナウンサー 歴代, バックナンバー ライブDVD おすすめ, ミス サイゴン チケット 大阪, 妖怪ウォッチ おもちゃ 中古, ザキヤマ 子供 名前, イーロン マスク 宗教, NHK オン デマンド ドラマ おすすめ, Taka インスタライブ 歌, ズパゲッティ 持ち手 後付け, 欅坂 バラエティ やる気, 水星逆行 2020 株価, ジェジュン ライブ 倍率, 千代の富士 小錦 対戦成績, つるの剛士 歌うま 初出場, スウィングガールズ キャスト その後, 宮沢りえ 森田剛 妊娠, ナイキ スニーカー 一覧 歴代, 京都 白河院 ランチ 予約, 1976年 テレビ番組 表, 神様僕は気づいてしまった 名前のない青 歌詞, 吉田羊 大学 桜美林, 志村けん 三味線 Cm, ワイヤークラフト 図案 文字, 家族を想うとき 上映 館 広島, 太陽の女 相関 図, 仮面ライダー クウガ 47話, 碧 山 夫人, 森七菜 カレンダー 書店, エリオット 愛称 エリー, トップナイフ-天才脳 外科医 の条件 第3話, ドリフ 大爆笑 (1987), メイ ウェザー お金, サンドウィッチマン チケット 取れない, リトル トゥース Tシャツ 楽天, ガチャガチャ お金 詰まる, ボウリング 小林あゆみ 結婚, さんま カトパン ホンマでっか, イ ミンジョン 人気, 勇者ヨシヒコ ヒサ 変化, 宅麻伸 賀来賢人 関係,

たとえ世界が明日滅びるとしても、私は今日、リンゴの木を … イラストレーターdokukinokoの「成長日記」イラストレーターです。イラストレーターdokukinoko(どくきのこ)です。 昔聞いた言葉で、ずっと私の中に残っている言葉があります。 それは、 ずっと誰の言葉なんだろうなと思っていましたが、歴史に出てくるドイツの宗教改革者、マルティン・ルターの言葉でした。 ちなみに英文では、 直訳だと、たとえ明日世界がごなごなになることを知っていたとしても、私は自分のりんごの木を植え続けるだろう。(↑…で、合ってますかね(^_^;)?)それにしてもこの言葉、色々な意味に受け取れるなと思います。初めて聞いたときは、という意味にとらえていましたが、今改めてみると、 などなど色々な意味にとれる気がします。この言葉を知っている方がいましたら、どうとらえているのか聞いてみたいものです。私にとって深く響いてくる大好きな名言です。    ↑このイラストと名言、ラインスタンプの一つになっています。私も明日世界が終わるとしても、今日も絵を描いて、家族と仲間といつもの日常を過ごすだろうなと思います(*´ー`*)     読んで頂きありがとうございました。 「たとえ明日世界が終わるとしても、私は今日りんごの木を植える」ルターの名言 昔聞いた言葉で、ずっと私の中に残っている言葉があります。 それは、 マルティン・ルターの残した名言、「たとえ明日世界が滅ぶとしても、私はリンゴの木を植えるだろう」の意味を教えてください!・明日滅びないかもしれないから、無駄なことはないんだよ。・人生、そのときそのときが肝心さ。などと考えてみましたが、ルターについて無知な私にはわか … たとえ世界が明日滅びるとしても、私は、リンゴの木を植え続ける。 という、過去から続く慣習的な行為の大事さを強調する翻訳。 もう一つは. 「 たとえ明日、世界が滅亡しようとも今日私はリンゴの木を植える 」 Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree. 「Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree.この言葉から受け取れるものはたくさんあると思います。例えば、幸せは何気ない日常の中にあり、見返りや成果だけでなく、将来の希望を育てる行為そのものこそ素晴らしい喜びに満ちていると解釈することもできます。また、たとえどんな状況に置かれようとも、結局私たちにできることは一歩一歩着実に歩みを進めることだけだ、と受け取ることもできるでしょう。いずれにしても、 ルター(ドイツの宗教改革者) 1483年11月10日 - 1546年2月18日。 「たとえ明日世界が滅びることを知ったとしても、 私は今日りんごの木を植える」宗教改革者ルターの言葉と言われながらも出典が不明であったこの言葉は、いったいいつ、どこで生まれたのか?本当にルターの言葉なのか? それとも「似て非なるルター」がいたのか?