May J ディズニープリンセス メドレー, メジャー / 心絵, 弥生 三 月 映画 試写会, 日本マテリアル インゴット 偽物, 仮面ライダー おもちゃ どこで 買う, チート ドラマ Hulu, 健康 食品 番組, 納豆 テレビ 最近, ヲタ芸 ロマンス 掛け声, サンドイッチ マン スケジュール, ひるおび 内閣支持率 円グラフ, おや ゆび 姫 原題, 枝豆 味噌汁 人気, 刑事7人 10話 動画, 声優と夜あそび スタジオ 場所, 戸田恵梨香 占い 結婚, 清須会議 キャスト 三法師, 宮澤智 グッディ #衣装, 三井住友銀行 支店長 年収, ラブ ジェネレーション 再放送 しない, キングダム 実写 考えてみた, 6チーム 総当たり 3コート, キサラギ ドラマcd 結末, 加藤諒 ダンス うまい, 今日 ドキ 布袋, 荒川アンダーザブリッジ 星 素顔, JCOM サービス利用料 と は, 島津 久光 久光製薬, コードブルー映画 最後 誰, Kept ペンケース 楽天, Alexandros - ワタリドリ Mp3 Download, 自分よがり 独りよがり 違い, 豪栄道 全勝優勝 対戦相手, 榮倉奈々 出産 写真, 白 鵬 かち 上げ 遠藤 動画, 谷風 梶之助 等身 像, とれ た て 三重, 怪盗 少女 英語, 益 若 つばさ Line Blog, 折り畳み エコバッグ NHK,


平均寿命、日本人男性 初の80歳超え 女性は86.61歳 2年連続世界一 ”2013年の日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳で、いずれも過去最高を更新し、男性が初めて80歳を超えたことが31日、厚生労働省の調査で分かった。
(本記事は、山本崚平氏の著書『商談・会議・雑談でなぜか一目置かれる人が知っている「数字」のコツ』あさ出版の中から一部を抜粋・編集しています)■市場の「3割」を取れば1人勝ち●シェア「3割」が1つの分岐点自分の携わる業界にライバルがいなければ、どれだけうれしいことでしょうか。戦わずして勝つことができるはずがないと思うかもしれません。ところが、イギリスのランチェスターが編み出した「ランチェスターの法則」は、2つの軍隊の戦闘力を数式に表したものでした。「ランチェスター戦略」は、この法則をビジネスにおける企業同士の戦い方へ応用したものです。「ランチェスター戦略」では、市場シェアの下限目標として、26.1%という数字を掲げています。この約3割を超えれば、市場の競争相手の中から一歩抜け出し、頭一つ抜けた強者、いわゆる寡占状態と認知されます。ただし、それ以上のシェアを求め始めてしまうと、社内に油断や驕おごりが生まれ、いずれ逆転されてしまうリスクが生じます。たとえば、1976年にキリンビールは63.8%という驚異的な市場シェアを握っていました。ところが「キリンラガー」の独壇場だったにもかかわらず、シェアは、「アサヒスーパードライ」にどんどん奪われていきます。キリンビールでは、シェアが60%を超える頃から、ダントツの首位であることから驕りが生まれ、経営トップ以下、組織全体の危機感がなくなってしまったのです。新商品開発は後手に回り、営業力も乏しい状態となってしまいました。同じような状態はどの企業にも当てはまるでしょう。携帯電話会社もこれまで、「NTTドコモ」「KDDI」「ソフトバンク」の3社による寡占市場でしたが、近年では格安携帯会社の台頭や楽天の携帯事業の参入などにより、転換期を迎えています。大事なのは、こうした競合や競争をマイナスと捉えず、プラスに考えることです。ビジネスにおいても、同業他社があるから自社も成長でき、製品やサービスを洗練させることができると捉えれば、手強い同業他社の存在もありがたくなります。他社を蹴落とすのではなく、他社と競い合い、一緒に成長しながら、顧客に対していい製品・サービスが提供できればよりよい環境になっていくでしょう。●企業の寿命は30年?30年以上前に「企業の寿命30年説」が話題になりました。これは「日経ビジネス」が1983年に発表してから、ビジネスでは1つの定説になっています。30というまとまりのよい数字もあってか、一気に世間に広まりました。これが23年説や47年説だと、あっという間に記憶から薄れていったことでしょう。では、実際のところ、この説は本当に正しいのでしょうか。東京商工リサーチの調査によると、2018年に倒産した企業の平均寿命は23.9年、帝国データバンクの調査では、37.16年となっており、だいたい合っているようです。しかし、現在存続している会社の寿命が「だいたい30年」かといえば、それはやや疑問です。当社では、企業は、「環境適応業」である、と定義しています。進化論で有名なダーウィンは、「生物は強いものが生き残るのではない、環境に対応できるものだけが生き残る」と述べていますが、そのまま企業にも当てはめることのできる言葉です。2020年の30年前は1990年です。当時と比べると、技術も環境変化のスピードも、社員の価値観もまったく異なります。このことから考えれば「企業の寿命30年説」は、あくまで昭和の企業を対象にした企業調査であるという「ただし書き」のついた説であると見ておいたほうがいいでしょう。いまでは、企業の寿命は30年という悠長なことは言っていられません。刻一刻と変わるビジネス環境において、常に対応できる会社でありたいものです。ちなみに、創業100年を超える会社は、日本全国の企業のたった2%しかないといわれています。■他社より目立つには「3割」の差をつくろう●お客様に伝わりやすい差別化のコツ商品やサービスを他社と差別化することは、ビジネスでは必須です。小売店であれば、ほかの店とは違う品ぞろえにしなければ、お客様が自分の店に来店する理由がありません。では、どの程度まで品ぞろえで差別化すればよいのでしょうか。2倍にすれば確実に差別化できるでしょうが、そこまで在庫を抱えるのはリスクがあります。しかし、2つや3つ品ぞろえを増やしても、他店との違いはさっぱりわかりません。そんな場合に役立つのが、これは、人は「1.3倍の差」がないとその差を認識できないという法則です。顧客は他店と比べて1.3倍の量の品ぞろえがあると、この店舗は「品ぞろえがよい」と認識してくれます。差別化する際には、3割の差をつけることを目安にしましょう。●価格差も「3割」の差で実感できるこの法則は、価格設定でも有効です。競合商品よりも安くしたい時には、その価格を3割下げれば、顧客が明らかに「安い」と思える価格になります。競合相手が1000円なら、666円で売るのです。反対に、高級なブランドイメージを持たせたければ、3割上げれば「高い」と思ってもらえるようになります。競合相手が1000円なら、1333円以上で売るのです。これはブランディングでも同じで、他店よりもこだわっているポイントがあるなら、そのこだわりが他店の1.3倍以上ないとお客様には伝わりません。他店と同じ程度のこだわり方では、お客様はそれを「こだわり」とは認めてくれないのです。たとえば、野菜でいえば「国産」は当たり前、「地域」にこだわるのも平凡、「生産者」にまでこだわって、やっと差別化が明確になり、お客様に伝わるということです。ただし、これらはあくまで価格や品ぞろえなどの話で、飲食店のメニュー、POPの場合は、やや異なります。メニュー、POPに記載される定番メニュー(たとえば、ファストフード店のフライドポテトなど)の写真は約1.7倍〈1.3×1.3=1.69倍〉の量で見せることで、他店よりもボリュームがあると感じさせることができるといわれています。3割の差というのは立場によって異なります。試験点数でいえば、50点の人にとって3割高い得点は65点で、15点の差です。一方、70点の人にとって3割高い得点は91点で21点の差です。どの立場でも、3割の差を縮めるのは、現実には簡単ではないかもしれません。しかし頑張れば、何とか追いつけそうな数字だともいえるでしょう。「1.3倍の法則」を頭に入れて、効果的に差別化を行いましょう。 株式会社新経営サービス シニアコンサルタント。1991年、和歌山県生まれ。大阪教育大学教育学部卒業後、新経営サービスに入社。ベンチャー企業から中堅企業を対象に、経営計画の達成に向けたPDCAマネジメント支援や人事制度の構築・運用を通じた組織開発、教育研修の支援を実施。特に若手ビジネスパーソンを対象に「数字のつかみ方・使い方・伝え方」の重要性を指導、教育している。また経営理念・方針の実現と業績向上をモットーとし、顧客企業に深く入り込むスタンスでの支援に定評がある。経験業種・企業規模は多岐にわたる。Facebook で「いいね」を押すと、似たようなストーリーをご覧いただけますサイトの全体的な評価をお聞かせください:

寿命を決める要因は何? 厚生労働省によると日本人の平均寿命は2017年時点で、 男性は81.09歳、女性は87.26歳となっています。 寿命限界とされる115歳より約30年も短くなっていますね。 20~30年というのが多くの学者の一致した見方である.これは,現在の富裕国において見 られる平均寿命の値(75~80年)のおよそ3分の1である. 2.平均寿命の歴史的伸長 平均寿命が延び始めたのは,おそらく,産業革命以前であったろう.上述の通り,中世 30年以上前に「企業の寿命30年説」が話題になりました。 これは「日経ビジネス」が1983年に発表してから、ビジネスでは1つの定説になっています。 それが今や2000年に発表された日本人の平均寿命は、女84.60歳、男77.72歳。 人類はかつてないほどの長寿を得ることができたのです。 現在では40歳で老人というのはちょっと違和感がありますが、昔なら40歳は長生きの老人と言われたかもしれませんね。 敦盛ですら人間50年って言ってるのに、寿命が30年てどんな気分なんだろうな 870: マクロスまとめ 2016/08/04(木) 15:47:54.46 >>855 人生100年時代といわれる現代ですが、こんな疑問をもったことありませんか?「人は何歳まで生きられるのか?」。衛生環境や食料事情、医療の質も日々よくなり平均寿命はどんどん伸びていますが、どのような要因が寿命を決めているのか、定かなことは実はまだ分かっていません。「人間は120歳まで生きられる」なんて話を耳にしたりもしますが、本当なのでしょうか? 老化に関する専門家が推測した一説には120歳まで生きられるという話もありましたが、最新の研究によると実際にはそれより5歳ほど短いようです。2018年の時点で国内の最高齢記録は、男性で113歳、女性で115歳となっていますが、世界ではどうなっているでしょう?世界で一番長く生きたのはフランスで生まれた女性、ジャンヌ・カルマンさん。このように120歳を超える人がほとんどいないことから、最近の研究から導かれた「寿命限界115歳」という説は、おおむね妥当な数字といえるでしょう。厚生労働省によると日本人の平均寿命は2017年時点で、寿命限界とされる115歳より約30年も短くなっていますね。最近人の体は休むことなく細胞分裂を繰り返していますが、細胞が分裂するときDNAは同じ情報をコピーして複製を作っています。それを防ぐために動くのがサーチュインで、この遺伝子のおかげで傷のない新しい細胞を複製できています。それではこのサーチュインがうまく働かないと、どうなってしまうのでしょうか?サーチュインに異常がある酵母を使って調べたところ、DNAの一部がもろくなり酵母は通常の半分の寿命に短縮してしまいました。このことから、サーチュインは寿命に関わる重要な遺伝子であることが分かります。しかし、寿命を左右する遺伝子はこれだけではないことも判明しており、一ずつの影響力は小さいですが約300種類もの遺伝子が寿命を決定するのに働いていることが分かっています。こうなってしまうと話が複雑で自分ではどうしようもない…、寿命は天命に任せるしかないのでは?と諦めてしまう人もいるでしょう。でも実は、台湾で約40万人を対象に平均8年間、運動量と死亡リスクの関係を調べた調査がありますが、そこで分かったことは、1日の運動時間が15分増えるごとに死亡のリスクは4%ずつ減ったということでした。1日100分以上の運動では効果は変わらなくなったのですが、また、米ウィスコンシン大学はアカゲザルの食事量と老化関連死の関係について20年以上調査。満腹になるまで食べたグループと、腹7分目までしか食べなかったグループを比べ、腹7分目のグループの方が心臓病やがんの発症率が半分にとどまっていたことを見つけました。不老不死は昔から多くの人が追い求めてきましたが、その答えには現代の科学を用いても決定打は出せていません。しかし、今日から生活習慣の改善に努め、ぜひあなたもカルマンさんの122歳の記録にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?【公式ホームページ】リガーズサービスのコラムについて それが本当だとすると、人間の寿命は50歳いかないぐらいの計算になってしまいますが、人間の平均寿命は日本人の女性で約87.26歳、男性で81.09 歳(平成29年簡易生命表より)ですから、はるかに超えています。つまり、人間を含む霊長類は、「心拍数20億回が寿命」の例外といえます。