THE HEAD 犯人考察, 藤原季節 藤原竜也 兄弟, 藤原竜也 どうして だよ 本家, YouTube TOSHI カバー, おもてなしの基礎英語 キャスト ニック, 真紅の美鈴 いちご 価格, 二所 ノ 関 親方 娘, もしも 平原綾香 歌詞, 深津絵里 結婚 子供, 関西テレビ 役員 2019, ミヤネ屋 ニュース 美人, 三相 不平衡 電流, 若島津 の 奥さん, 日 向坂 46 視力, 大相撲 優勝賞金 三賞賞金, イロモネア ちゅう えい, イーロン マスク 働き すぎ, 漫画 図書館 Z 安全, 早稲田 斎藤直人 サントリー, 加 ト ちゃんケンちゃん ご き げんテレビ 探偵物語#141, 電動バイク 補助金 石川 県, 3月22日 K-1 中止, キックボクシング 練習メニュー 初心者, 僕のいた時間 10話 あらすじ, カイジ 遠藤 天海, ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 最終回, 破天荒フェニックス ドラマ キャスト, 田中みな実 マツコ さんま, ハケンの品格 2007 最終回 動画, ニュース速報 テロップ まとめ, 瞬間 リフトアップ 口コミ, 今日 の料理ビギナーズ コールスロー, 韓国 Tvn 番組表, 銀魂 山崎 実写, メイ ウェザー カネロ なんj, 龍野高校 栗岡梨沙 現在,

敵の弱点見つけて攻撃に転じる瞬間は、一番相手の罠にかかりやすい状況ですよね。 亜光軍の弱点が何であるか、王箭自身が一番熟知してそうなもんでしょう。(笑) キングダムネタバレ第555話おさらい。 (引用 ... 2020/07/04 (  李牧 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第628話 ) 二週間のお休みを経て次回のキングダム発表まであと少し。 まあ、当然ですが神(作者)も合併と休載があったからと言って、その間全てお休みをし ... The novel "涙まで飲み干して" includes tags such as "キングダム", "信羌" and more. (羌瘣 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第594話 )次回は休載後のキングダムですが、どの道GWの大型連休を挟むことで今月末のヤングジャンプが合併号になる危険性が非常に高いです。また、今年は映画公開を近日に控えた神(作者)がイベントやら何やらのために、原作への注力を減らしてしまわないか?連載の進捗への心配を払拭しきれません。飛信隊にとっての最悪の事態は、ここから趙峩龍があっさり飛信隊を討つの徐肖に任せてしまって、自分だけ早急に安全地帯に本陣を移してしまうことです。秦軍右翼も完全に攻め手も決め手も失ってしまうことになります。まあ、最悪のパターンで、信が趙峩龍に勝てなくても、鄴の食料の残量が、王翦潜伏兵の手柄によって完全焼却になっていたとして、それが15日目に李牧に伝り朱海平原撤収へ繋げることで戦略的勝利を描くことはできます。しかし、それだとだれも喜ばないキングダムになってしまうでしょう。というか、よくよく考えてみると、鄴の食料が枯渇して桓騎がそのまま鄴を陥落させても、李牧ってなんにも困らないことが分かる。どの道、桓騎も食料が調達できないし、そのまま外周の趙軍で再包囲すればいいだけだからです。以前のキングダムネタバレ予想では、李牧が同じく鄴の兵糧情報を得た趙王から召還を食らった結果としての朱海平原離脱を予想しました。しかしながら、よくその方面で考察を進めると、李牧がいまさら朱海平原の戦闘を放棄するメリットって何もない。李牧は鄴がどうなろうが、趙王から呼び出しを食らおうが、ここで足をとどめじっくり王翦軍を殲滅させるべきでしょう。朱海平原でやることやった後に趙王に死刑にされるなり、廉頗のように亡命するかを選べばいいだけの話でしかありません。いまのキングダムを最長のスケジュールで各週の戦局予定を仮定するとどうでしょう?羌瘣が徐肖をスヒンするのに一週間。(4/4)飛信隊本陣が敵別動隊の急襲をどのように抑えるかで一週間。(4/11)趙峩龍が逃げるかどうかで、やはりまた一週間。(4/18)これなら上手くすればGWに突入する前の4/25の木曜日の時点で、なんとか朱海平原の14日目が消化できる可能性もあります。4月4日ヤングジャンプ掲載予定、キングダム第595話について予想。ここから発生可能なネタバレを検証します。キングダムファンの皆様よろしくお願いします。前回の予想⇒端的に言えば594話の内容。いままでひっそりとしてきた羌瘣がやっと出てきて、「趙峩龍なんか後回しでいいから、先にモブ兵を皆殺しにしよう。」と言い出した話です。また、神(作者)が一年間近く出番を温存していた徐兄弟が読者の期待以上に強かったり、特に兄貴のほうに異常な弟の溺愛性質を付加することで急遽、全土雀の結集を可能にしてまったことなども特徴的です。一番大きかったのは、前回のキングダムネタバレ予想で検証してみたとおりだったのですが、ただ、このままだと、本当に羌瘣は攻撃補助で力を使い果たしてしまいます。さすが原先生の画力、徐肖がいい顔で泣いています。今回のキングダムをよく読み込んでみると、細かい作戦やら自然な流れも、結局、全部こいつ一人の作り出した勢いで帳消しにされた話になっています。1ページ目から無駄に濃いキャラ設定ですが、まさか全国のキングダム読者も、今週のキングダムをいきなりオッサンの号泣から拝むことになるとは誰も予想できなかったでしょう。信によって戦死してしまったジョリーン(徐林)は弟でした。苗字が一緒だから分かるですが、キングダムは戦争の話で、任務の最中なんだからそんなコトぐらいで泣くなよと言いたくなります。しかも、自分の弟たった一人の仇のために土雀を全結集。これにはさすがにこのまま飛信隊が壊滅して、朱海平原の敗戦が決定してしまえば最悪の結果になります。「王翦が敗れたのは、ジョリーン(徐林)がいかに趙峩龍軍の皆に愛されていたかを知らなかったことが最大の原因です。」などと、李牧がふざけた分析を大真面目な態度で言い出しかねません。前回のラストで信が徐林に受けた一撃のために、ここにきて信の動きも精彩を欠きます。気になるのは、徐林が信に葬られるまで、彼と一緒になって信を相手に槍を突き立てていたハズの徐肖の立ち位置です。徐肖があの状況から一瞬の合間で、どのようにして忽然と信の矛の射程圏内から逃れたのかは不明です。また、「弟の仇!」などとほざいている割には自分で戦うことはしません。今回のラストで羌瘣を仕留めようとしている徐肖ですが、信にビビッていたとしたら、実力的には無理な話なのです。しかしこの点、羌瘣の巫舞の威力が過去の本編と比べてかなり制限されて描かれているので、徐肖を強化するだけでなく、大きく羌瘣の実力を制限してまで、飛信隊の危機を長くしたいのが神(作者)の狙いなのかもしれません。趙峩龍としては休載を挟めば彼の生存危機の始まりから4週間の引き。これだけの時間を挟んでしまえば、流石に読者としても緊張感よりも疲労感のほうが上回ってしまいます。話を引っ張れば引っ張るほど、余計に松左も死ににくい。このまま死亡が確定してしまっても時間をかけすぎたことで読者が覚悟を決めてしまい、結果的に静観してしまう可能性が高いです。逆に、後の生存確保として死亡判定を先延ばしにするなら、描き方のハードルが上がってしまいます。何週間も引っ張らないと導き出せない因縁や、次の飛信隊に伝えるべきメッセージ性などを、これ以上、中堅ドコロのキャラである松左に期待するのも立ち位置的に微妙です。私自身としても、神(作者)の思惑に関わらず、心乱ぬように顛末を見届けるつもりなのですが、つい生存路線のほうに期待を残してしまいます。初期のキングダムの設定から変わっていなければ、視力は非常に良いという河了貂。今のところ、彼女が遠目に視認しているのは、信とその先鋒部隊が敵の包囲を喰らっている様子です。彼女ができるとこは、少しでも早く崇原をはじめとする後続の歩兵団を信たちに近づけるくらいしか方法はありません。その程度の対処はもうすでに本陣から指示を出した後のことだと思われます。去亥が落馬、土雀に囲まれて覚悟する。次ページ、颯爽と羌瘣がスヒンで登場。汗ダクで驚愕する去亥がいい顔しています。前回では、神(作者)が大筋の予想の裏をかいて、羌瘣で趙峩龍の首を取るのではなく、あくまで攻撃補助で彼女を起用して、結果的に信が趙峩龍を討ち果たす流れになるのではないか?といった趣旨の仮説を立てました。最も、当初は私自身も、「いままで隠れている羌瘣が突然出てきてスヒンだろう」とおもっていたのですが…、前回のキングダム本編を見た違和感と、長らくネット界隈での“羌瘣が趙峩龍を狩る説”が有名になりすぎた様子を見て、先週時点で直前になって、羌瘣助攻説の仮設を立てた次第です。結果的には大枠の予想の裏をついて、神(作者)的には、羌瘣に趙峩龍を直接狙わせず、この場の包囲状況からの打開のために彼女を投入しました。結果的に、ここで彼女が力を使ってしまうだけでなく、その存在も敵の注目する位置で登場させるとなると、尚のこと羌瘣が単独で敵の大将を狩ることが難しくなっていくでしょう。ただし、その反面で、そう思った読者様も多数いらっしゃったと思います。もちろん、ここでの原先生画力と、羌瘣の暴れっぷりを見る限り、彼女の働きは楔としての助攻どころか、主攻そのものといっていいくらいの闘争を見せてくれています。彼女の体力の消耗を危惧する信の、「もういい羌瘣、十分だ!もう戻れ!」のセリフには、彼女の体力的なリミットの意味合いを含んだ危機感が明白に表現されています。今回のキングダム594話の最後、羌瘣の姿を見て「殺るぞ」と言ってキメにかかっている徐肖。彼はいつの間に泣き止んだのでしょう?正直、こんな奴が羌瘣に勝てるワケがないのですが。朱海平原14日目。河了貂の知力勝負かと思いきや、松左の生死が話題の中心になり、その松左の生死も今となってはほとんど戦闘の趨勢には全く関係ないっていう紆余曲折。羌瘣がでてきた結果、趙峩龍の首を取るという当初の作戦目的を変更して、周囲の土雀たち精鋭兵を狩りまくるという方針に切り替えた飛信隊。神(作者)目線的にはここで羌瘣によるトドメと踏んでいた読者の期待を裏切ってやった感じなのでしょうが、読者的にはどのように印象に残ったか気になります。今戦では羌瘣の呼吸制限という弱点がやたらオーバー気味に強調されているのが、羌瘣下げにしても無理があるように感じます。満身創痍の状態で、介子坊の重騎兵団500騎を皆殺しにした時の彼女よりも全然余裕の戦争のハズなのですが(キングダム232話参照)、これはいったいどうしたことでしょう。幽蓮との決戦で、いったん巫舞はこれで最後と決めたことと関係あるのでしょうか?(神)作者的にも作戦内容的にも逃げ場がない趙峩龍がこれからどうするのか?毎回激戦ごとに縮める信と羌瘣の距離感の更新も14日目の撤収後に予定されているのか?そして、連載の様態が現状、局地戦を描いているので忘れがちになりそうな、戦略の全体像についても今一度、整理して気が付いた考察と予想の更新も進めておきたいと思います。歯ぎしりする趙峩龍。同じ三大天の参謀キャラのポジションを標ぼうする玄峰さんとは全く違って、ポーカーフェイスをキープするどころか594話の最後で感情丸出しです。思い通りの結果にならなくても表情一つ変えないような奴のほうが軍師などの参謀キャラとして、読者的には非常に厄介な敵である印象を受けてしまうものなのですが…。どうやらここらへんで智謀も底についてしまったような限界を我々読者に見せてつけてくれました。この点、桓騎に首をはねられる直前まで眉一つ動かさなかった玄峰じじいって本当に大物だったと思えてきます。よくよく考えてみたら玄峰は、若いころは趙軍全体の総司令までやっていて、その上若き廉頗の師匠でもあったという設定なので、この点でも軍師や参謀としての戦いの在り方を描こうにも役者がまったく違ったスケールに収まってしまうのも無理がないように感じます。堯雲含め彼らは「元三大天の武」などと繰り返し語ってきましたが、智謀という観点からみれば藺相如軍はどうやら藺相如の知力そのものの存在だけが突出して大きな存在で、どこまで行っても趙峩龍などは、根本的にはいち武将にすぎない結果になってきました。そもそも堯雲と一緒じゃないと、お互い実力が半減してしまうようなユニット同士なのでしょう。『王騎、キョウ、王コツ…、将自ら先陣を行く烈将達とは嫌というほど戦ってきた。』『故によく知る、お前たちは前を阻む敵には無類の強さを見せるが、得てしてそうでない敵には気の当て場を失う。』そもそも六将をこのように分析するのが浅はかであるといえます。王コツなどは読者にとってみれば、当時の六将のなかでの怪力無双の豪傑(でも汗明にやられた。)という情報しかないので趙峩龍の言葉を額面通りに捉えるしかなのですが、だいたい、堯雲があれほど気をつけろと警戒を呼び掛けていた羌瘣とその彼女の率いる部隊の動きを、ここに至るまで全く補足していなかったのはどういうことでしょう。14日目の開戦当時を振り返れば、強部隊の筆頭である岳雷、我呂が率いる飛ヒョウなどは、早期に全軍体制で警戒を進めて防御まで厚くしていました。しかしその反面で、あれだけ堯雲軍全体に手ひどいダメージを与えた羌瘣がここまで全くノーマークだったのは、失念にしても程があるでしょう。【※この点、暗殺者で隠密性が高い羌瘣個人のスキルとすり抜け専門の邦貴一家の特性が発揮された後のことだったのかもしれません。】しかも!?結果的にここでも趙軍は…、趙峩龍はこうした末端の非常に優秀な部隊員の現場の努力だけでなく、ここにいたるまで雷雲と土雀区の間で情報共有を深めてきたような、兵卒たちも無駄にした…、いや、踏みにじったに等しい職務怠慢を露呈してしまっています。一体なにが『王騎とキョウは烈将w』なのでしょうか?また、読者様からコメントいただい情報ですが、趙峩龍の配下の徐肖(ジョ・ショウ)と徐林(ジョ・リン)が、『リン・ショウ・ジョ』としてのアナグラムであるとの発見について教えていただきました。これにはカナリ驚きました。ただ、その反面で趙峩龍としてもこのままでは、持ち場放棄して単身逃げたところで、土雀が蹂躙され、飛信隊の崇原たち歩兵団が進撃を進めれば、そのまま趙軍左翼そのものが抜かれる恐れがあります。そうなれば、飛信隊本陣と河了貂がどうなろうと、最早些末な戦果。(もっとも弓矢兄弟の本陣防衛が機能すればこれも空振りになるでしょう。)前線に信が健在で、羌瘣が細かい指揮を補填できれば後は王翦の判断次第という状況へと話が進みます。反対に趙峩龍が踏みとどまってもやるコトないですからね。山陽戦と時からそうなんですが、羌瘣が信と飛信隊のためにボロボロになるのが神(作者)は好きなのでしょう。その場面が出てくるたびに、夜間の作戦ターンで同じ天幕のなかで信と羌瘣が距離感を縮めていく描写が進められています。今から3年前の情熱大陸で、黒羊戦の信と羌瘣を描く中で原先生が「この先、この二人が引っ付く伏線と仮定できる伏線として使える可能性もある」といった趣旨の発言を残しているので、いまさら予想として騒ぐようなことではないとは考えています。また、局面としても、松左の生死判定を控えた最中であるため、場面の前後関係によっては下手に二人のロマンスを描くのもどうかとも思われるので、この点で神(作者)もここから二人の距離感について描くのは慎重さをようするでしょう。まずは次のキングダム595話で無事に、羌瘣が徐肖の槍をどのように躱すかも心配です。上述のとおり、介子坊兵500騎と幽蓮一味の戦いを、たった一人で切り抜けてきたハズの羌瘣なのですが、該当する連載当初では逆に「あれ?羌瘣って呼吸制限なかったっけ?」などと考え込んでしまったものです。当時の私の脳内補完として、「そうか!龐煖とも戦って、そこからさらに修行して、パワーアップしてるのか。やっぱ羌瘣ってスゲーわ!」などと、原先生の描写を見ては素直に感動していました。【※巫舞使い同士の対幽蓮戦では、巫舞をつかう呼吸自体の頻度でけでなく、呼吸の深度でスタミナを調整するというディティールの違いも見受けられました。】しかしながら羌瘣。羌象の仇討ちが終了した前後で、巫舞という奥義そのものにも一線を引いたと思しき場面もあったので、指揮官としての彼女の成長は別段として、純粋な剣士としての強さはもう戻ってはこないのかと考えられそうです。結果的に、長期的な予想としては、この点で、全盛期との実力の乖離が進み趙王都陥落後の彼女の進退に圧し掛かってくる流れもあるのではないでしょうか?いずれにせよ、羌瘣本人の進退に関しても、その時点までの信との距離感覚がどこまで複雑化しているかが、着眼点の一種になるかと思われます。予想というか、普通に戦ったら徐肖は何度も死ねます。この点、いかに神(作者)が羌瘣を弱らせることができるかにかかっています。だいたい徐肖が急に羌瘣を狙いだすというこの場面設定自体に無理があります。彼本人は信に向かって「よくも弟を、仇だ!」などと叫びまくっていた割には、チラッと羌瘣を見ただけで、すっかり信のことなど後回しにしてしまっているのが謎です。(笑)593話の時点で、信と直接戦ってたのに、なぜ瞬間的に信と離れたところにいるのかもさらに謎です。そんな瞬間的なスピードで移動できるなら、徐林に傷を負わされた信など、簡単に打ち取れたんじゃないかとさえ思います。そして徐肖? 羌瘣って、その怪我している信なんかより遥かに強いよ?もう完全に、羌瘣を下げて「ゴフっ…ゲフっ!?」とか言って血反吐の量を上げながら次回の本編前半を引っ張るのが目に見えてくるようです。549話の文玄さんが率いる小隊が騎馬でも再登場できないことが悔やまれます。もともと徐肖の相手など楚水さんか我呂が仕留めるで十分の存在感ですが、神(作者)が連休の合併号まで尺を引き延ばすためにも、おそらく次回のキングダムでも羌瘣を苦しめるくらいのコトはするでしょう。また、我呂が申しているように、ここで信が羌瘣を助けに行ったら作戦の意味も半減するので、飛ヒョウを筆頭に包囲網をこじ開け、羌瘣が徐肖を始末しつつ土雀を壊滅させることになるでしょう。最後に信が趙峩龍に迫り打ち取れば、別段、別段、趙峩龍軍など殉死の精神で襲い掛かってくるでなく、意気消沈して馬南慈に撤退させてもらうとかそんなんで十分な連中じゃないかと思います。李牧は鄴からの食料についての報告を受け取ったとしても、簡単に朱海平原を離脱するのは難しいと思われます。また、仮に同時に鄴の報告を受け取った趙王が、李牧に召還命令を送るとしても、鄴から王都に報告が入り、そこから趙王の知らせを朱海平原に送り届けるまでのことを考えると、どうしても鄴から直接しらせが届けるのとと比べると、時間が一日多くかかってしまいます。王翦は敵地のために連絡手段がなく、味方間同士で離れた戦地の様子を知ることができないために、李牧をはじめとする敵の動きの挙動をみて、王翦軍の潜入兵の作戦の成否を確認するしかありません。結果的に、588話の最後で解説されたように、鄴からの知らせが13日目の夜の翌日に李牧陣営に知らせが届くことになる以上、単純に予想できることは李牧が早期、王翦撃破のための作戦方針に切り替えるコトです。そこからさらに考察を進めていくと、李牧の作戦方針の変更を、対面する王翦が見逃すはずがありません。敵軍の僅かな配置の変化、さらに14日目の対左翼軍の戦闘の結果を受けての李牧陣営の対処の進め方をみて、15日目が両軍中央部隊の決戦が過激化することを予想するでしょう。おそらく田里弥と倉央にも、決戦型の戦闘配備の指示を進めることになるかと考えられます。もちろん、田里弥らもまた、王翦の戦略についてその意図の全てをくみ取っているかは難しいところですが、およそ現場での戦術単位と作戦行動においては完全な意思統一が図られるでしょう。王翦軍第一将、第二将として、両翼で独自の指揮権を発動させていた亜光、麻紘などは、王翦の配下でありながら、独自の運用ドクトリンをもっていました。この点逆に、いまのところ王翦直下の指揮官として、その存在を読者に示している田里弥であればどのよな軍隊運用を見せるのか?亜光や麻紘と比べるならば、独自の運用特色を見せるよりも、むしろ王翦の意思を寸分たがわず体現するための指揮展開が15日以降拝めるのかもしれません。倉央の部隊は見た目からして何か特徴に拘った戦い方しそうですが、どの道15日目でこの二人の人気が急上昇する戦いになるかと思われます。次回もこの先の展開について、キングダムネタバレ予想をすすめていきたいと思います。皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。どうぞお気軽に。Twitter:しんいち ダム垢(最新の考察⇒前回の予想⇒